ホーム > 任意売却7つのメリット
競売よりも任意売却が有利な7つのメリットをご紹介いたします。

任意売却7つのメリット

任意売却メリット1
競売という性質上いくらで落札されるか予測できませんが、任意売却だと相場で売却することができます。
任意売却メリット2
話し合いにより、引越し費用、その他を手当てしてもらうことが出来ます。
任意売却メリット3
自己破産を考えておられる方で、破産費用については、不動産を所有して申し立てるのと、売却をして申し立てるのとでは費用が違います。
個人の場合、不動産を所有していると、破産管財人が選任されます。
地域の裁判所によって基準が違いますが、破産申立て費用とは別で、裁判所に予納金を数十万円納める事になります。破産をする前に不動産を先に売却することによって、破産費用(同時廃止)を安くすることができます。
任意売却メリット4
一般の不動産と同じように売却活動を行いますので、近隣に事情を知られません。
任意売却メリット5
税金の滞納等を売却代金から多少支払う事が出来ます。
※自己破産をしても税金はチャラにならず支払い義務は残りますので任意売却はお得です。
任意売却メリット6
住み続けるプランや買い戻しプランで自宅に引き続き居住して頂くことが可能です。
任意売却メリット7
残った残債務について、金融機関と返済方法の協議ができます。

競売のデメリット

競売のデメリット1
お客様と買主の合意がないまま売却される=物件の現況が把握できないリスクを考慮した金額になってしまします。
又、転売目的の不動産業者しか参加しませんので、必然的に相場より安く売却されてしまいます。
競売のデメリット2
立ち退きを余儀なくされ引越し代はもらえません。
競売によって売却された代金はすべて債務への返済にあてられてしまうため、引越し費用はありません。引渡命令申立をされ、明け渡し強制執行を断行されることもあります。
競売のデメリット3
対象不動産周辺に競売事件番号・物件写真・最低金額等を配る業者がいて、競売なったことが知られてしまいます。
インターネットで自宅の外観や部屋の写真が掲載されます。
(不動産競売情報) http://bit.sikkou.jp/
競売のデメリット4
落札代金から税金の滞納の返済にまわることはほとんどありません
任意売却の流れ
悩み続けずにお気軽にご相談下さい。無料相談・お問い合わせなど、メールでも受け付けています。通話無料のフリーダイアル0120-316-746
Copyrights © 2011 任意売却のトータルプランナー MSプランニング All Rights Reserved.
【不動産買い戻し・競売買い戻し・住宅(一戸建て・マンション・土地)買い戻し】全国相談無料・買い戻しプランの先頭へ移動する